日本語 / ENGLISH / 繁體中文 / 簡体中文
Last Update ● Sep 27, 2018

himeyuri

title
title
headline


●「メモリーウォーク」映像作品を公開

[2018/09]

8月に実施したワークショップ「メモリーウォーク」で、参加者が制作した映像作品を公開しています。
さまざまな地域から10代、20代の若者14人が参加し、4日間という限られた時間で、沖縄戦のモニュメントについて学び、取材し、下記の2つの映像作品を制作しました。

ひめゆり学徒散華の跡碑(荒﨑海岸)

忠霊の塔(糸満市米須)

 

●「”ひめゆり”を伝える 映像作品コンテスト」を開催します

[2018/08]

ひめゆり平和研究所は、「”ひめゆり”を伝える映像作品コンテスト」を開催いたします。
非体験者が沖縄戦を伝えるためにどのようなことができるかを模索する一環として、今回のコンテストを企画しました。
多くの皆様に、ひめゆり学徒隊をテーマにした作品の制作を通して、沖縄戦を学び、平和を考え、発信する機会を持ってほしいと考えています。
ショートフィルム(ドキュメンタリー、創作、アニメーション含む)のほか、ダンス、歌、ラップなどのパフォーマンスでもかまいません。
7分以内の映像に収めてご応募ください。 沖縄戦を伝える新しいカタチ、自由な表現を歓迎します。多くの皆様のご応募をお待ちしています。 詳しくは、開催要項をご覧ください。

募集期間:2018年7月20日(金)~11月30日(金)
表彰:ひめゆり平和賞 賞金10万円。 特別賞 賞金3万円。
受賞者の発表:2019年3月
問合せ先:ひめゆり平和研究所「“ひめゆり”を伝える映像作品コンテスト」事務局
098(997)2100(ひめゆり平和祈念資料館)

【チラシ・開催要項】

【応募用紙】

 

●ひめゆり平和祈念資料館 教員向け講習会

[2018/07]

生徒たちに、沖縄戦を教えるにはどうしたらいいか悩んでいませんか?
教員向け講習会では、平和講話や展示ガイドツアーを通して、沖縄戦を学ぶ機会を提供しています。また、生徒の関心を引き出し、自主的な話し合いをうながすワークショップも行います。
修学旅行・校外学習など、資料館見学の事前・事後学習としてご活用いただます。

日 時 2018年8月3日(金)9:30~17:00
対 象:小学校・中学校・高等学校の教員(県内・県外問いません)
会 場:ひめゆり平和祈念資料館・多目的ホール
参加費:無料
定 員:40人(要申込)※定員に達し次第、締め切らせていただきます。
後 援:沖縄県教育委員会

申込書

 

●「親子フィールドワーク~ひめゆり学徒隊の沖縄戦~」

[2018/07]

ひめゆり学徒隊が沖縄戦の時にかくれていた壕に行って、その場所で実際に起きたことを学びます。

①2018年7月28日(土) ②8月17日(金)
午前10時~ (約90分)
集合場所:ひめゆり平和祈念資料館 ロビー(糸満市字伊原671-1 ひめゆりの塔敷地内)
対象:小学生以上(小中学生のみの参加不可)。
要申込。各回15人(定員に達し次第しめきり)
参加費:子ども 500円、大人1,000円(保険料、資料館入館料込み)
お問合せ・お申込み:ひめゆり平和祈念資料館 電話 098-997-2100

注意事項:約1キロ程度歩きます。歩きやすく汚れてもよい靴でご参加下さい。
夏の日中の開催です。必要に応じて、帽子、飲み物、日焼け止め、虫よけをお持ちください。
ガマ(鍾乳洞)にご案内しますが、奥までは入りません。
雨天の場合は、雨具をご用意ください。

リーフレット

 

●「資料館だより」 第61号発行

[2018/06]

このほど、『ひめゆり平和祈念資料館 資料館だより』第61号を発刊しました。
クリックしてご覧いただけます… 第61号


●「メモリーウォーク」開催決定!

[2018/05]

ひめゆり平和研究所は、この夏、若者を対象とした映像制作ワークショップ「メモリーウォーク」を開催します。
参加者が、4日間で、地域のモニュメントについて専門家と一緒に学び、街頭インタビューやモニュメント周辺の撮影を通して、短い映像作品を作り上げていく活動を行います。
メモリーウォークは、オランダにあるアンネ・フランク・ハウスが世界各地で行っているもので、今回、初めて沖縄で開催されます。 国際的なワークショップで、沖縄戦に関する映像を一緒につくってみませんか? ご応募おまちしています。

開催期間 :2018年8月8日(水)〜11日(土・祝)
開催場所:ひめゆり平和祈念資料館
募集人数:16人 
対 象:18〜25歳の大学(院)生・専門学校生
参 加 費: 2,000円(交流会費として)
募集期間:2018年6月30日(土)締め切り

申し込み、問い合せ先:ひめゆり平和研究所 098-997-2100 (担当:狩俣・古賀)
ポスター・募集要項・応募用紙・・・ クリック


●弦楽四重奏―ひめゆり レクイエム・コンサート

[2018/03]

沖縄戦で亡くなった学徒や教師を追悼し、平和を希求する「ひめゆりレクイエムコンサート」を行います。
演奏者の野田笑加さんと峰丘さんは、沖縄戦で亡くなった野田貞雄校長(沖縄師範学校)のひ孫に当たります。引率教師の遺族としてひめゆり平和祈念資料館を訪れたことをきっかけに交流が始まり、今回の演奏会が実現しました。

日 時 2018年3月26日(月) 14:00~14:45
会 場 ひめゆり平和祈念資料館 多目的ホール
参加費 無料 ※入館料のみ
電 話 098-997-2100(ひめゆり平和祈念資料館)


●2017年度ひめゆりガイド講習会

[2018/02]

ひめゆりに関する基本的な情報をお知らせするとともに、ガイドのみなさまと当館との交流の機会となるよう企画いたしました。今回は、展示室やひめゆりの塔周辺を実 際に歩いてご案内するツアーと、証言員(元ひめゆり学徒)・職員との質疑応答を行 います。

日時 : 2018年3月10日(土)受付13:15 開会13:30 閉会16:00(2時間30分)
対象 : 実際に観光・平和ガイドに携わっている方(初心者を中心に)
定員 : 60人(要事前申込・先着順)
受付期間 : 2月19日(月)~3月5日(月)
※定員に達し次第、締め切らせていただきます。
会場 : ひめゆり平和祈念資料館
参加費 : 無料
問い合わせ先 : ひめゆり平和祈念資料館 098-997-2100
詳細・申込書… クリック


●「資料館だより」 第60号発行

[2017/11]

『ひめゆり平和祈念資料館 資料館だより』 が今号で60号の節目を迎えました。開館から現在までの証言員をご紹介します。
クリックしてご覧いただけます… 第60号


●夏休み特別企画「元ひめゆり学徒の戦争体験講話」と「平和講話」

[2017/07]

ひめゆり平和祈念資料館では、夏休み特別企画として、「元ひめゆり学徒の戦争体験講話」と「平和講話」を開催します。戦後72年目の夏、ひめゆり学徒隊の戦争体験を通して、戦争や平和について、あらためて考えてみませんか?
多くのみなさまのご参加をお待ちしております。 リーフレット

「元ひめゆり学徒の戦争体験講話」    講師:元ひめゆり学徒生存者 
  2017年8月6日(日)、9日(水)、12日(土)
「平和講話 語り継ぐ ひめゆりの沖縄戦」  講師:ひめゆり資料館職員
  2017年8月13日(日)、14日(月)
 
時  間:午後2時30分~ 50分程度
場  所:ひめゆり平和祈念資料館 多目的ホール
定  員:120名

※入館料のみでご参加いただけます(大人310円、高校生210円、小中学生110円、未就学児無料)
※「元ひめゆり学徒の戦争体験講話」は講師の体調不良等でやむを得ず中止となる場合があります。その際は、当館職員による平和講話を実施いたします。あらかじめご了承ください。
お問い合わせ:ひめゆり平和祈念資料館 098(997)2100


●2017 教員向のための展示ガイドツアー

[2017/07]

当館の説明員が、児童・生徒が興味を持ちやすい展示を中心にご案内します。 リーフレット

場  所:ひめゆり平和祈念資料館
日  時:2017年7月29日(土) 午前10時~ 、約70分
対  象:小・中・高校等の教員(県内・県外問いません)
参加費:無料(要入館料)
定  員:各回10人、要申込み
申し込み、問い合わせ先:ひめゆり平和祈念資料館 098-997-2100


●「資料館だより」 第59号発行

[2017/06]

このほど、「資料館だより」第59号を発刊しました。
クリックしてご覧いただけます… 第59号


●ひめゆり平和祈念資料館 教員向け講習会

[2017/06]

生徒たちに、沖縄戦を教えるにはどうしたらいいか悩んでいませんか? 教員向け講習会では、元ひめゆり学徒の講話と展示ガイドツアーを通して、沖縄戦を学ぶ機会を提供しています。また、生徒の関心を引き出し、自主的な話し合いをうながすようなワークショップも紹介します。
修学旅行・校外学習など、資料館見学の事前・事後学習としてご活用いただける内容です。
なお、元ひめゆり学徒の体調によっては、次世代の平和講話に変更する可能性があります。

日時:2017年8月16日(水)09:30~16:30
対象:小学校・中学校・高等学校の教員(県内・県外問いません)
会場:ひめゆり平和祈念資料館・多目的ホール
参加費:無料
定員:40人(要申込)※定員に達し次第、締め切らせていただきます。
後援:沖縄県教育委員会

申込書

 


●過去の記事へ…クリック

page